2017年07月20日

七変化★

「七変化」 梅雨時の花 紫陽花の別名らしい。
同じ花でも色や形が変化する事が名前の由来との事。


「道の駅おおえ」近くの「テルメ柏陵 健康温泉館
敷地内に15種類1万株の「紫陽花」が咲いています。
久しぶりの雨にうたれて色艶が良くなった感じですね♪


実はここ「テルメ柏陵」の温泉も「七変化」なんです。
全国的にも珍しい高濃度の泉質。
日によってお湯の色が変わります、今日は乳白色!


今の時期お薦めは夜!
ライトアップされた「紫陽花」を鑑賞したあとは「露天風呂」
その壁面には189枚の有機ELの照明パネル。

大江町を代表する「花火や灯ろう」が間近に見れれますよ♪
まさに「最新技術 光の七変化」。
(中は撮影禁止、大江町観光物産協会HPから流用)


「紫陽花」の見頃が終わる頃には「梅雨」もあけそうですね。
夏には「水郷大江町 大花火大会」が開催されます。
夜空に舞う光と炎の「七変化」楽しみです♪  


Posted by 楽天親父 at 09:12Comments(0)花・花お風呂の話

2017年06月20日

百八歩★

山形市蔵王温泉「蔵王四季のホテル
開放的な大浴場と心温まるもてなしが人気の宿!
そのフロントで入浴料を払ってゆっくり外に足を踏み出します。


「一歩・二歩…百八歩」 ちゃんと着きましたね「離れ湯 百八歩
日帰り温泉、蔵王の湯を満喫できる場所。
掃除が終わる午後1時が狙い時! 一番湯を独り占めの親父。


木の温もりたっぷりの内湯も魅力、
でも自然いっぱいの露天風呂は絶景、山からの風が心地良い。
ひょいとカモシカが顔を出しそう♪(笑)


数ある蔵王の日帰り温泉の中でもここはお薦めですね。
自然を満喫しながらのんびり入る湯!


玄関脇にある飲み水、「二日酔いと恋の病に効く」らしい!
恋に悩める若者よ、
二日酔いの親父と恋愛が成就出来る様に一緒に行こう!(笑)
  


Posted by 楽天親父 at 10:21Comments(0)お風呂の話

2017年06月07日

贅沢風呂★

いつもお出かけの〆は「日帰り風呂」 ドライブの疲れを癒します。
秋保と言えばここ「秋保温泉共同浴場」 大人税込み300円。
「さあて 入るぞ♪」


ふと気づくと妻の視線は隣の「ホテルニュー水戸屋
夫婦間で暗黙の交渉 数分!
「分かった行くべ、贅沢な風呂」 大人税込み1,080円


数ある秋保の名旅館の中でも人気の宿。
広いロビーも豪華なしつらえ、スタッフの対応も親切♪


豊富な湯量と16趣の温泉!
色々な湯船に囲まれた「庭園露天風呂」
開放感たっぷり、値段だけの価値は充分ありますね。


すばらしい温泉でした、
神経痛・五十肩・慢性婦人病等に効く塩化物泉の泉質。

でも・・
明日からの「金欠病」には効果ないみたいです♪(笑)  


Posted by 楽天親父 at 09:28Comments(2)お風呂の話

2017年05月09日

朝風呂★

相変わらずの貧乏旅行の楽天夫婦。
宿泊は素泊まりの「ビジネスホテル」が定番!
温泉王国の「長野県」早速行ってみました「朝風呂」(笑)


長野県庁のすぐ近く「裾花峡天然温泉宿 うるおい館
開館前に到着も待ちの人達の行列!
地元の方はもちろん車中泊の旅行者もいたりする。


宿泊も可能な複合施設、充実してます。
旅の疲れを癒す「源泉掛け流し」のにごり湯!
浴場は撮影禁止、パンフから流用の「露天風呂」
開放感たっぷり、かなり立派ですね♪


露天風呂から川を挟んで見える雄大な「白岩(しらいわ)」
約700万年前に隆起した火山層との事、圧巻の風景。


湯上りには早速「信州ワイン」?
いやいや「ぶどうサイダー」、結構美味しい。
施設内の「ベーカリー」充実してます、焼きたてのパンが沢山並びます。
ちくわパンと一緒に軽い朝食!


長い間「信州どたばた旅行記」にお付き合いありがとうございました。
沢山の煩悩と旅の疲れを洗い流して山形に戻る親父です。

この度、色々と関わってくれた人たちに感謝、
「信州・長野」良い所ですね!
  


Posted by 楽天親父 at 10:28Comments(0)お風呂の話

2017年04月21日

蔵王の宴★

まだまだ空気が冷たい「蔵王温泉」
桜の花がほころぶのももう少し先の様ですね。
それでも開催「花見の宴」(笑)
昨年暮れにリニューアルオープン「名湯舎 創
女性ウケしそうな「和モダン」なお洒落な建物です。


お風呂もしかり、木と竹をふんだんに使った内湯。
清潔感のある温もりを享受します。
源泉かけ流しPH2.0の酸性湯、潤い成分のメタケイ酸豊富なにごり湯。
開放感のある「露天風呂」をしばし独り占め♪


始まりました「花見の宴」
「お父さんもう歳なんだから騒がないで飲みなさいね♪」
そんな妻の忠告も「乾杯」の発声と共に消えてしまいました(笑)
「来る者拒まず♪ いや どんと来い!」


さて寝るか!むさいオヤジ3人の部屋。
洒落た空間、「倶楽部ルーム」と言う名の和室ベッドタイプ。
オーナーこだわりの安眠の寝床です。


3人で2台・・!?
んじゃ今夜は誰と抱っこして寝るかな?(笑)
  


Posted by 楽天親父 at 10:04Comments(0)お風呂の話

2017年04月18日

岳温泉★

安達太良山の中腹にある「岳(だけ)温泉
福島県を代表する温泉のひとつです。


温泉街から「鏡ヶ池公園」に続く「桜坂」はその名の通り
時期が来れば満開の桜のトンネルになります。
残念がら今はまだつぼみ、ちょいと早かったですね。


気を取り直して向かった「ながめの館 光雲閣
本日の「日帰り入浴」の会場、「岳温泉」の一番高台に位置してます。
一番乗りの親父、ホテルのスタッフさん達が優しく迎えてくれます。


全国的にも珍しい源泉引湯の酸性泉「美人の湯」
「露天風呂」からの眺め、阿武隈山系を一望。
さすが「ながめの館」 入浴時間も「長め」になってしまいます(笑)


ここのホテルの特徴は、ペット同伴OKな事。
併設されている「ペットハウス」!そして「ペット専用お風呂」
「ながめ」は望めないが 結構豪華だったりする♪


いつか「まろん」と一緒に泊まりで来たいものですね♪

「お父さん、いっその事、ここでまろんと入浴したら?」
なるほど、親父は良いが犬の方が嫌がるかも(笑)
  


Posted by 楽天親父 at 09:14Comments(0)お風呂の話

2017年03月27日

サイダー温泉★

開湯1200年の歴史の大蔵村「肘折温泉街」から少し山手へ、
親父お気に入りの黄金温泉「カルデラ温泉館」があります。
過去何度かブログにアップ済、好きなんだからしょうがない(笑)


多彩な効用を持つ源泉がある「肘折温泉」
ここは珍しい日本有数の「天然炭酸泉」、サイダーの湯。
源泉の温度は8℃との事。
先ずはお風呂前にある「飲泉所」で試飲。


昭和レトロ風の落ち着いた雰囲気の浴場。
緑黄色の「黄金温泉」の湯が身体を優しく包み込みます!

時間制で男女入れ替わりの「露天風呂」も魅力。
まだまだ周りは雪に囲われていますね♪


湯上りは腰に手を当てて牛乳の一気飲み?
いやいやここでの作法は「カルデラ・サイダー」♪
身体の外と中からシュワシュワになります。


静かに雪解けを待つ「カルデラ温泉」
山菜のシーズンになると観光客で混み始めますね。
たまにはゆっくり「湯治」も良いなと思う親父です♪(笑)

  


Posted by 楽天親父 at 13:21Comments(0)お風呂の話

2017年03月13日

ゆらら★

「ユララ ユララ ユラユラで~この湯は私の為にある♪」
思わず鼻歌が出てきてしまう程快適なお湯です。
東村山郡中山町の「ひまわり温泉 ゆらら


中山町2号源泉の「ひまわりの湯」と3号の「いずみの湯」
泉質の違う2種類の湯が同時に楽しめます。

湯上りは明るく広いホールで休憩。
地元の人達はもちろん県内外からのお客様も多い。


近くに県の野球場があるのは皆さんご存知、
他にも周辺には運動施設が充実。
最上川せせらぎ公園でのんびり散策なんか良いかも。


山形の風物詩「芋煮会」の発祥の地である事も有名。
最上川舟運時代に船頭たちが鍋を吊るしたと言われる松。
伝承遺跡「鍋掛松」。


これから行楽に最適な季節がやってきますね。
近くにお越しの際は是非どうぞ♪
  


Posted by 楽天親父 at 18:54Comments(0)お風呂の話

2017年03月01日

のぞみ★

こんにちは、私日帰り温泉評論家「楽天・湯上り・親父」と申します。
今回は天童市大字道満の「ラ・フォーレ天童 のぞみ」の紹介です。


厚生大臣認定の「温泉利用型健康増進施設」
入浴設備と運動施設が充実。
下足鍵を受付スタッフに渡してカードキィーをもらうシステム。
施設内での盗難防止に役立ってます。


清潔感のある脱衣所、そして広い内湯、豊富な湯量!
泉質は塩化物泉・硫酸塩泉・開放的な露天風呂も魅力。


洗い場の椅子はちょいと高め、動きやすい。
シャワーヘッドも珍しい「ワンストップ水栓」!
節水型が多い中自分流の洗髪が出来るのでありがたい。


明るい開放的なホール!
奥の食堂では天童名物の「鶏中華」も食べられます。
湯上りの皆さんのんびり、ゆっくり時間を過ごしてますね。


極めつけはこれ! 受付カウンターで販売「やまべ牛乳」
内陸では定番の逸品、しかもピンを刺して紙ふたを抜きます。
昔懐かしい当時の便利グッズ、
開封の為に小指の爪を伸ばしていた爺さん達は大ショック!(笑)
腰に手を当てて一気飲み。


総合評価!
安全性・快適性に優れたすばらしい施設です。
PR不足なのかなお客様は少ないかも?
天童市の日帰り温泉の「穴場」ですね「湯上り親父」お薦め、是非どうぞ!  


Posted by 楽天親父 at 11:21Comments(2)お風呂の話

2017年02月14日

春待ち温泉★

先日訪問「道の駅 にしかわ」、もうひとつの楽しみがあります。
併設されている日帰り温泉施設「水沢の湯
PH7.4のナトリウム・塩化物温泉、あったまります。


降り続く「雪」を窓越しに眺めながらの入浴。
それでも心なしか「春」を感じさせる淡い雪♪


休憩室片隅で見つけた地元ゆかりの「丸山薫先生」の詩文!
「白い自由画」と言うタイトル。

「春」と言う題で描かせた生徒たちの絵、みんな真っ白、疎林の枝。
氏はその絵にコバルト色の空を塗って黄色を滲ませる。
「まんさくの花が咲いた」と喜ぶ子供達!



雪国だからこそ感じる春の温かさ。
湯上りの親父、身体も心もほっこりしました!


今月末と来月初旬に開催される幻想的な「雪旅籠の灯り
雪深い町の人気イベント、タイトルは「雪は宝」

これが開催される頃には里に「春の風」が吹き始めます。
きっと「まんさく」のつぼみも少し膨らんできますね♪
  


Posted by 楽天親父 at 10:47Comments(0)お風呂の話

2017年01月29日

鱈づくし★

「酒田日本海寒鱈まつりと日帰り温泉バスツアー」
昼食会場「湯の浜温泉 海辺の宿 都屋」に到着。


心配された雪もなく快晴の空、波が高いな。
「波乗り」している人を発見!気を付けてね♪


さて楽しみな昼食、大型バス2台分のお客様で大広間は賑やか。
「寒鱈づくし」のメニュー!「どんがら汁」は鍋が尽きるまで(笑)


暫しの休憩の後は「お風呂」です。
期待していた「天空 茶碗風呂」は別館に移設で閉鎖中。
BFの「橋渡しの湯」!
湯気に煙る日本海に沈む夕日を眺めます。


皆さん一気に入るもんだから大混雑の風呂。
「寒鱈汁」の具材になった気分(笑)

今が旬の「寒鱈」を満喫の親父、お世話様でした。
  


Posted by 楽天親父 at 19:04Comments(0)美味しい話題お風呂の話

2017年01月04日

湯巡り花巻★

岩手県「花巻温泉
ゲートをくぐると見えてくる「千秋閣」「花巻」「紅葉館」の大きな3ホテル。
実はどれも同じ系列、各館自由通路で結ばれています。


楽天家 年1回の贅沢、今回の年始の宿泊は「紅葉館
それでも各館自慢のお風呂の「湯巡り」が出来ます♪
早速挑戦の親父!
先ず「千秋閣」は”りんご風呂”女子は”バラ風呂”らしい。


花巻ホテル」のひのき風呂を堪能、その後「紅葉館」の岩露天風呂!
開放感があって良い雰囲気、のんびりと過ごします。


温泉と言えばマッサージ!
「足つぼ」を頼みました、親父の汚い足で申し訳ない(汗)
担当のお兄ちゃん一生懸命施術です。


話が弾んで特別にアロマオイルを塗ってもらいました。
靴下をはいて保湿・保温すると効果があがるそうです!
早速売店で買いました、足袋!ちょっと地味ですかね?(笑)


童話作家で農学者のあの「宮沢賢治」の故郷「花巻市」
彼の心象風景「イーハトーブ」理想郷はここ。

のんびり「湯ーハトーブ」を満喫の親父です!

  


Posted by 楽天親父 at 07:27Comments(4)お風呂の話

2016年11月01日

湯の里★

休日の「紅葉狩り」の途中また来てしまった「遠刈田温泉
好きなんだからしょうがない、
風情ある温泉の町並みが親父のお気に入りです。
「旅館三治郎」に併設する日帰り温泉施設「湯の里


豊富に流れ出る掛け流しの濁り湯、
かっぱが長旅の疲れと傷を癒したと言う伝説が残っています。
露天風呂付き大浴場の他サウナや水風呂等充実した設備。


はるか蔵王連峰を一望できる「露天 滝見の湯」
山から吹いてくる風が心地良い。
手足をゆっくり伸ばしてリラックス!


「紅葉狩り⇒地元料理堪能⇒日帰り風呂⇒湯上りのビール」
親父の休日の方程式、もう少し続きそうです(笑)
  


Posted by 楽天親父 at 15:04Comments(0)お風呂の話

2016年10月24日

たぬき温泉★

最上地方漫遊の日、道すがら寄った日帰り温泉。
戸沢村にある「いきいきランド ぽんぽ館」 
入り口前では でかい「たぬき」がお出迎え。


1階の「エコーホール」 受付の他売店・休憩所が充実。
広く開放的な空間、スタッフのお姉ちゃんも親切対応です。


以前娘たちが幼い頃に来た時はギュウギュウ詰めの館内。
今は落ち着いてのんびりできますね♪

ぬめりのあるお湯、天窓からの陽射しが心地良い。
他にも名物の砂風呂や薬用風呂が充実してます。


施設内には屋内温水プールもあって家族連れにも嬉しい。
まさに「心ゆったり、カラダいきいき!」


田園の中に佇む「戸沢村いきいきランド ぽんぽ館」
外にはグランドゴルフやゲートボールの施設も完備。
くつろぎと癒しの時間を過ごせる交流温泉ランド。

興味のある方は是非どうぞ!
  


Posted by 楽天親父 at 14:55Comments(0)お風呂の話

2016年10月11日

トトロの湯★

さて、せっかくの「鮭川」訪問
雨に打たれた身体を温める為行ったのは「羽根沢温泉
当時の民が新庄藩主に鷹の羽を献上した事で名付けられたとの事。


山間に佇むひなびた そして趣のある温泉街。
何だか静かに時間が流れている気がします。
今回は駐車場の傍らにある「共同浴場」大人200円!


大正8年、元石油会社の試掘の際湧きだした大量の湯。
肌がつるつるになる「美人の湯」として一躍脚光を浴びます。

数人入ればいっぱいいっぱいの浴場。
肌に優しく触れるぬめりの湯。


素朴な雰囲気に癒される親父。
とろとろの湯・・
トロトロ? お約束鮭川のもうひとつの名所「トトロの木」(笑)
さっきまでの雨のシャワーを浴びて気持ちよさそう!


次回は「日帰り」じゃなくてゆっくり「宿泊」で訪れたい温泉地です。
「となりのトトロ」じゃなくて
「泊まり(とまり)のトトロ」と言う事で(笑)  


Posted by 楽天親父 at 15:23Comments(0)お風呂の話

2016年10月04日

ネコバス★

大石田町にある日帰り温泉施設「あったまりランド深堀
ここも親父のブログに何回か登場してますね♪
いつ来ても賑やか、スタッフの対応も良いのが理由のひとつかな。


広い大浴場、畳50帖分との事、黄金色の単純泉です。
内湯は循環、熱い湯とぬるい湯に分かれてます、
露天は源泉かけ流し、「最上川」の川風をうけての入浴。


そして「ネコバス」 幸運を招くと言われるオスの三毛猫。
次年子窯大石田焼きの陶芸家「高橋廣道」氏の作品。
すっぽんぽんで順番待ちをするオヤジ達の格好が笑える。


本当に癒されますよ、愛嬌のある猫に抱かれて入る風呂。
男女入れ替え制なので運が良ければ女性でも入れます。


高橋氏のアトリエは確か旧次年子小学校の校舎。
ここの売店でも何点か手に入ります。

可愛い置物も良いけど、やっぱり欲しい本物の「猫バス」
いくらするのか聞いてみたいですね♪  


Posted by 楽天親父 at 09:36Comments(0)お風呂の話

2016年09月22日

野天風呂★

親父、子供の頃から通った「蔵王温泉街」
仕事でもあちこちの温泉旅館の工事を担当。
それでもまだまだ知らない所はあります。


「堺屋・森のホテル ヴァルトベルク」初めての訪問。
豊かな恵みで生き物の生命を育む
森(ヴァルト)と山(ベルク)の現風景が名前の由来らしい。


例の「じゃらん 湯めぐり手形」持参で女将さんにご挨拶。
先ずはホテルを出て小路を数分山中に向かって歩きます。
澄んだ空気が美味しい、「熊出没注意」(笑)


「露天」じゃなくて「野天風呂」の表現が合いますね。
白濁した強酸性の湯、「美肌効果」抜群との事。
親父貸し切り状態、思いっきり手足を伸ばします。


仕上げはホテルに戻って3階の浴場へ 
蔵王温泉にしては珍しい(?)広い内湯です、併設の「露天風呂」も満喫。
ここなら熊に覗かれる心配はない!


家の狭いUBじゃ味わえない開放感と温泉効能。
自然の中でお湯に浸かるだけでストレス発散になりますね♪

親父の「日帰り温泉」巡礼まだまだ続きます(笑)
  


Posted by 楽天親父 at 17:37Comments(0)お風呂の話

2016年09月20日

じゃらん★

「日帰り温泉」大好きな親父の為の企画だな、きっと。
親父のバイブル「じゃらん」 今回は「日帰り温泉特集」
とじ込み付録持参で入浴料割引、湯めぐり手形スタンプラリー付き。


先ず訪れたのは、会津若松の奥座敷 「東山温泉」の宿。
歴史ある温泉旅館「原瀧(はらたき)」


普段の入浴料金大人1,080円が半額!良い企画だな。
清潔感のある館内、親切対応のスタッフ。
山深い温泉宿の女性って美人が多いと感じるのは親父だけ?(笑)


無色透明 自家源泉100%の湯、広々とした内湯。
そして宿名の由来「原滝」を目の前にする露天風呂。
昨日までの雨を受けて轟轟と流れ落ちます、大迫力。


迫る山々と滝の水しぶき・・大自然満喫。
ここは他に4つの貸し切り露天風呂があるらしい。
次回は「日帰り」じゃなくてお泊りで来たい所です、
お世話になりました。

  


Posted by 楽天親父 at 11:18Comments(2)お風呂の話

2016年08月29日

五感の湯★

蔵王温泉で日帰り入浴。
今回は「五感の湯 つるや
蔵王温泉バスターミナルのすぐ前にあります。


親切なスタッフ、4階大浴場まで登ります。
自噴自家源泉100%かけ流しの湯。
親父貸切状態、遠慮なく手足を伸ばします。


そして「露天風呂」
山の爽やかな風と澄んだ空気を五感で受け止めます。
硫黄の香りが好きです、マイナスイオンとマイナスイオウ(笑)


ゆったり入浴の後は蔵王温泉定番「いが餅」
これも旅館近くの「さんべ」で購入。
甘いの苦手な親父もこれは別、食感とほど良い甘さが好きです。


すぐに固くなってしまうのでその日のうちに食べるのが原則。
「いがもち」だけど「ながもち」はしません(汗)

これからのシーズン蔵王は賑わいます。
心と身体の洗濯に如何ですか? 

  


Posted by 楽天親父 at 16:54Comments(0)お風呂の話

2016年04月30日

ばんじ家★

大型旅館が軒を並べる「秋保温泉」
日帰り入浴も1人あたり1,000円前後が通常価格。
そんな中ちょいとリーズナブルな宿を見つけた親父。
秋保の郷 ばんじ家(ばんじや)」 500円!


小ぶりながらも清潔感のある旅館。
地元の方々を中心にお客様で賑わっています。


温泉は無色透明の単純泉、低張性弱アルカリ性高温泉。
神経痛、筋肉痛から疲労回復まで効用は多種多様。
ジャグジーがかなり気持ち良かったりする。


らせん階段を下りて「露天風呂」 新緑の木々に囲まれています。
野鳥のさえずりがBGM、のんびりゆっくりと満喫!


秋保の名勝地に「磐司岩(ばんじいわ)」があります。
名取川に臨んでいる高さ80m〜150mの岩の屏風。
旅館の名前の由来、緑の台座に鎮座する景色、見頃はこれから!


日本三名湯のひとつ、伊達家の御浴場の「秋保温泉」
宿泊だけじゃない日帰り温泉でしっかりパワー充填!
心と身体の洗濯に如何ですか?

  


Posted by 楽天親父 at 18:39Comments(0)お風呂の話