2017年11月03日

どぶろく日和★

久しぶりの青空、そしてお日様♪
紅葉を求めて行ったのは「山形県西置賜郡 飯豊町
町の8割以上 山林が占める自然豊かな所。


たどり着いたのは「白川温泉 いいで白川荘
飯豊連峰に囲まれた白川湖畔に建つ憩いの場♪
対応するスタッフの皆さん親切で優しい!


早速食事!親父が頼んだのは「どぶろくラーメン」!
飯豊と言えばやっぱり美味しい「どぶろく」♪
ほのかに香ります「どぶろく」、中の山菜も旨い!


「美味しいですね、良いあんばいに酔いましたよ!」
「いえいえ、アルコール分は飛んで無いですから!」
スタッフのお姉さんの一言で平常に戻った親父です♪(笑)


しっかりと温まる温泉!ガラス越し眼下に見る紅葉と清流。
これはお勧めです!
湯上りに食べる「どぶろくアイス」絶品、もちろんアルコール抜き。

こんなポスター見つけました!
親父への警告なんだろうな。


「ブルゾンちえみ」より痩せて可愛いお姉ちゃん!

「親父に生まれて良かった♪世界に酔っぱらいは・・35億!」(笑)
  


Posted by 楽天親父 at 19:03Comments(0)美味しい話題お風呂の話

2017年10月29日

滝の湯★

「鳴子」まで来たらやっぱり行くでしょう、日帰り温泉。
「紅葉狩り」でかいた汗を流します。
今回は親父お気に入りの「滝の湯」♪


「鳴子温泉神社」の御神の湯として千年の歴史を持つ古湯。
鳴子温泉のシンボル的存在、なんと入湯料は大人150円。
券売機で買ったチケットを番台の「湯バァ」に手渡します(笑)


当然中は撮影禁止、HPの画像を借用。
狭い浴室、お互い譲り合いながら入浴です。
長い樋を流れてくる源泉が「打たせ湯」♪


心も身体もホカホカになります。
温まった身体はしばらく冷める事はない。
人気な理由が分かりますね。


町中あちこちで立ち上る湯気♪
のんびりと温泉情緒を満喫した親父です。

次回は是非、お泊りで!

  


Posted by 楽天親父 at 09:48Comments(2)お風呂の話

2017年10月18日

ふしぎな温泉★

山形県東置賜郡高畠町。
刈り取りが進む長閑な田園地帯、その奥に佇む建物。


うめもど木に立つ一軒宿「湯沼温泉 駒草荘
看板の「ふしぎな温泉」に惹かれて入館。


湯治客もいる施設、各種宴会もOK!
建物は古いが清潔感があります。

毎分20ℓ の源泉かけ流しのお風呂、無色透明な癒しの湯!
桧の露天風呂の名は「泣いた赤おに」 独り占め♪


弱アルカリ性単純温泉 なんとPH9.1の美肌の湯。
稲田を渡る心地良い風を感じながらの入浴。


施設前でお出迎えの「うめもどき」 今が実の観賞期との事。
花言葉は「明朗・知恵・深い愛情」 
なるほど、スタッフの「おもてなし」の心だな♪
のんびりゆっくり過ごしました。

名前とは裏腹の何も不思議はない良い温泉です(笑)
温泉好きな方、ここの「ふしぎ」探しは如何?
  


Posted by 楽天親父 at 09:56Comments(2)お風呂の話

2017年09月26日

鉛温泉★

「こんにちはっス!」「ここ、日帰り入浴できっべか?」
山形弁丸出しの親父、でも大丈夫♪
ここは「花巻南温泉郷 鉛(なまり)温泉」 で、なまりOK!
ちゃんと通じます♪(笑)


人気の一軒宿「藤三旅館」 快く迎えて頂きました。

今から600年前、温泉主が岩窟から出てきた白猿が
湧き出る泉で傷を癒しているのを見た事が言われとの事。


外観はもとより館内のしつらえも趣があり落ち着きます。
旅館の脇を流れる「豊沢川」のせせらぎが癒しを演出。
その流れと共に四季折々の表情を魅せるんだろうな♪


五つの源泉がありそれぞれにお風呂があります。
もちろん100%かけ流し。

今回紹介するのは「白猿の湯」 立って入る湯♪
湯船の深さは125cm「立位湯」と言うらしい。
立つ事で全身にまんべんなく湯圧がかかり循環器系を整えてくれます。

【もちろん内部は撮影禁止!旅館のHPから借用です】


「時間制で男女入れ替えもあるからしんぺーないぞ。」
「鉛温泉、あったまる良い湯だべ、いっぺん来てみてけろ。」

山形弁の「なまり」に増々磨きのかかった親父でした♪(笑)

  


Posted by 楽天親父 at 13:27Comments(0)お風呂の話

2017年08月16日

湯ったり感★

穏やかに水をたたえる「月山ダム湖」
雲に覆われた遠くの山々を眺めながら快適ドライブ。


西村山郡西川町「大井沢温泉 湯ったり館」で日帰り入浴。
清流寒河江川沿い
晴れた日には朝日連峰と月山を望めるとの事。
普段の喧騒を忘れて「ゆったり」出来る場所。


PH7.6 塩化物・硫酸塩のトロトロの湯。
もちろん源泉100%!
ちょいと小ぶりではあるが清潔感のある浴場ですね。


休憩所も充実してます。
西山杉をふんだんに使った温もり、良い雰囲気。


駐車場には「県外NO」の車がちらほら
お盆最後をのんびり過ごしている様ですね。
「湯ったり館」で「ゆったり感」を満喫した親父です♪

  


Posted by 楽天親父 at 15:37Comments(0)お風呂の話

2017年08月15日

花ももの湯★

「日帰り温泉」大好きな親父、
町中共同浴場や山中のひなびた温泉を渡り歩いてます♪

今回は飯坂温泉「花ももの湯
あの有名な「ホテル聚楽」に併設する充実の「日帰りの湯」


飯坂温泉と言えば
芭蕉由来の「鯖湖湯」や激熱の「波来湯」も経験済みの親父。
近代的な「花ももの湯」は初体験です。

受付を終えて選べるお洒落浴衣に着替えます。
可愛いカウンターお姉ちゃんが優しく説明♪


さすがの施設、広い館内は掃除が行き届いて気持ち良い。
各スタッフさんの対応も親切丁寧。
開放的な内風呂、そして滝を眺める露天風呂!


リラクゼーションも充実、お土産コーナーも広い。
品数豊富な雑貨店があるのには驚きです。


短時間の滞在にはもったいない場所ですね。
興味のある方は是非!
いっその事泊まった方が良いかも(笑)



  


Posted by 楽天親父 at 08:48Comments(0)お風呂の話

2017年08月01日

水のベッド★

天童市大字道満の「ラ・フォーレ天童 のぞみ
厚生労働大臣認定の温泉利用型・健康増進施設。


天然温泉の他屋内温水プールにトレーニングジム、
レストランや休憩所もあり しかも医師と専門スタッフが常駐。
親父的には充実の「町中秘湯」です。


館内は清潔でゆとりのある空間構成!
広く明るい内湯はのんびりと過ごせますね。
そして「露天風呂」 近くを流れる「乱川」からの風を独り占め♪


湯上りは「マッサージ・コーナー」に直行。
最近入った「ウォーターベッドマッサージ器
水流で身体を揉んでくれます。
普通のマッサージ器の様な機械的な圧迫感は全く無し。
海の上に浮かんでいるような錯覚に陥ります♪


夏バテ気味な方、お疲れな人にお薦めですね。
お手軽に内陸で「海水浴 浮揚気分」如何ですか?

あっ、パラソルは要りませんよ(笑)
  


Posted by 楽天親父 at 20:37Comments(0)お風呂の話

2017年07月20日

七変化★

「七変化」 梅雨時の花 紫陽花の別名らしい。
同じ花でも色や形が変化する事が名前の由来との事。


「道の駅おおえ」近くの「テルメ柏陵 健康温泉館
敷地内に15種類1万株の「紫陽花」が咲いています。
久しぶりの雨にうたれて色艶が良くなった感じですね♪


実はここ「テルメ柏陵」の温泉も「七変化」なんです。
全国的にも珍しい高濃度の泉質。
日によってお湯の色が変わります、今日は乳白色!


今の時期お薦めは夜!
ライトアップされた「紫陽花」を鑑賞したあとは「露天風呂」
その壁面には189枚の有機ELの照明パネル。

大江町を代表する「花火や灯ろう」が間近に見れれますよ♪
まさに「最新技術 光の七変化」。
(中は撮影禁止、大江町観光物産協会HPから流用)


「紫陽花」の見頃が終わる頃には「梅雨」もあけそうですね。
夏には「水郷大江町 大花火大会」が開催されます。
夜空に舞う光と炎の「七変化」楽しみです♪  


Posted by 楽天親父 at 09:12Comments(0)花・花お風呂の話

2017年06月20日

百八歩★

山形市蔵王温泉「蔵王四季のホテル
開放的な大浴場と心温まるもてなしが人気の宿!
そのフロントで入浴料を払ってゆっくり外に足を踏み出します。


「一歩・二歩…百八歩」 ちゃんと着きましたね「離れ湯 百八歩
日帰り温泉、蔵王の湯を満喫できる場所。
掃除が終わる午後1時が狙い時! 一番湯を独り占めの親父。


木の温もりたっぷりの内湯も魅力、
でも自然いっぱいの露天風呂は絶景、山からの風が心地良い。
ひょいとカモシカが顔を出しそう♪(笑)


数ある蔵王の日帰り温泉の中でもここはお薦めですね。
自然を満喫しながらのんびり入る湯!


玄関脇にある飲み水、「二日酔いと恋の病に効く」らしい!
恋に悩める若者よ、
二日酔いの親父と恋愛が成就出来る様に一緒に行こう!(笑)
  


Posted by 楽天親父 at 10:21Comments(0)お風呂の話

2017年06月07日

贅沢風呂★

いつもお出かけの〆は「日帰り風呂」 ドライブの疲れを癒します。
秋保と言えばここ「秋保温泉共同浴場」 大人税込み300円。
「さあて 入るぞ♪」


ふと気づくと妻の視線は隣の「ホテルニュー水戸屋
夫婦間で暗黙の交渉 数分!
「分かった行くべ、贅沢な風呂」 大人税込み1,080円


数ある秋保の名旅館の中でも人気の宿。
広いロビーも豪華なしつらえ、スタッフの対応も親切♪


豊富な湯量と16趣の温泉!
色々な湯船に囲まれた「庭園露天風呂」
開放感たっぷり、値段だけの価値は充分ありますね。


すばらしい温泉でした、
神経痛・五十肩・慢性婦人病等に効く塩化物泉の泉質。

でも・・
明日からの「金欠病」には効果ないみたいです♪(笑)  


Posted by 楽天親父 at 09:28Comments(2)お風呂の話

2017年05月09日

朝風呂★

相変わらずの貧乏旅行の楽天夫婦。
宿泊は素泊まりの「ビジネスホテル」が定番!
温泉王国の「長野県」早速行ってみました「朝風呂」(笑)


長野県庁のすぐ近く「裾花峡天然温泉宿 うるおい館
開館前に到着も待ちの人達の行列!
地元の方はもちろん車中泊の旅行者もいたりする。


宿泊も可能な複合施設、充実してます。
旅の疲れを癒す「源泉掛け流し」のにごり湯!
浴場は撮影禁止、パンフから流用の「露天風呂」
開放感たっぷり、かなり立派ですね♪


露天風呂から川を挟んで見える雄大な「白岩(しらいわ)」
約700万年前に隆起した火山層との事、圧巻の風景。


湯上りには早速「信州ワイン」?
いやいや「ぶどうサイダー」、結構美味しい。
施設内の「ベーカリー」充実してます、焼きたてのパンが沢山並びます。
ちくわパンと一緒に軽い朝食!


長い間「信州どたばた旅行記」にお付き合いありがとうございました。
沢山の煩悩と旅の疲れを洗い流して山形に戻る親父です。

この度、色々と関わってくれた人たちに感謝、
「信州・長野」良い所ですね!
  


Posted by 楽天親父 at 10:28Comments(0)お風呂の話

2017年04月21日

蔵王の宴★

まだまだ空気が冷たい「蔵王温泉」
桜の花がほころぶのももう少し先の様ですね。
それでも開催「花見の宴」(笑)
昨年暮れにリニューアルオープン「名湯舎 創
女性ウケしそうな「和モダン」なお洒落な建物です。


お風呂もしかり、木と竹をふんだんに使った内湯。
清潔感のある温もりを享受します。
源泉かけ流しPH2.0の酸性湯、潤い成分のメタケイ酸豊富なにごり湯。
開放感のある「露天風呂」をしばし独り占め♪


始まりました「花見の宴」
「お父さんもう歳なんだから騒がないで飲みなさいね♪」
そんな妻の忠告も「乾杯」の発声と共に消えてしまいました(笑)
「来る者拒まず♪ いや どんと来い!」


さて寝るか!むさいオヤジ3人の部屋。
洒落た空間、「倶楽部ルーム」と言う名の和室ベッドタイプ。
オーナーこだわりの安眠の寝床です。


3人で2台・・!?
んじゃ今夜は誰と抱っこして寝るかな?(笑)
  


Posted by 楽天親父 at 10:04Comments(0)お風呂の話

2017年04月18日

岳温泉★

安達太良山の中腹にある「岳(だけ)温泉
福島県を代表する温泉のひとつです。


温泉街から「鏡ヶ池公園」に続く「桜坂」はその名の通り
時期が来れば満開の桜のトンネルになります。
残念がら今はまだつぼみ、ちょいと早かったですね。


気を取り直して向かった「ながめの館 光雲閣
本日の「日帰り入浴」の会場、「岳温泉」の一番高台に位置してます。
一番乗りの親父、ホテルのスタッフさん達が優しく迎えてくれます。


全国的にも珍しい源泉引湯の酸性泉「美人の湯」
「露天風呂」からの眺め、阿武隈山系を一望。
さすが「ながめの館」 入浴時間も「長め」になってしまいます(笑)


ここのホテルの特徴は、ペット同伴OKな事。
併設されている「ペットハウス」!そして「ペット専用お風呂」
「ながめ」は望めないが 結構豪華だったりする♪


いつか「まろん」と一緒に泊まりで来たいものですね♪

「お父さん、いっその事、ここでまろんと入浴したら?」
なるほど、親父は良いが犬の方が嫌がるかも(笑)
  


Posted by 楽天親父 at 09:14Comments(0)お風呂の話

2017年03月27日

サイダー温泉★

開湯1200年の歴史の大蔵村「肘折温泉街」から少し山手へ、
親父お気に入りの黄金温泉「カルデラ温泉館」があります。
過去何度かブログにアップ済、好きなんだからしょうがない(笑)


多彩な効用を持つ源泉がある「肘折温泉」
ここは珍しい日本有数の「天然炭酸泉」、サイダーの湯。
源泉の温度は8℃との事。
先ずはお風呂前にある「飲泉所」で試飲。


昭和レトロ風の落ち着いた雰囲気の浴場。
緑黄色の「黄金温泉」の湯が身体を優しく包み込みます!

時間制で男女入れ替わりの「露天風呂」も魅力。
まだまだ周りは雪に囲われていますね♪


湯上りは腰に手を当てて牛乳の一気飲み?
いやいやここでの作法は「カルデラ・サイダー」♪
身体の外と中からシュワシュワになります。


静かに雪解けを待つ「カルデラ温泉」
山菜のシーズンになると観光客で混み始めますね。
たまにはゆっくり「湯治」も良いなと思う親父です♪(笑)

  


Posted by 楽天親父 at 13:21Comments(0)お風呂の話

2017年03月13日

ゆらら★

「ユララ ユララ ユラユラで~この湯は私の為にある♪」
思わず鼻歌が出てきてしまう程快適なお湯です。
東村山郡中山町の「ひまわり温泉 ゆらら


中山町2号源泉の「ひまわりの湯」と3号の「いずみの湯」
泉質の違う2種類の湯が同時に楽しめます。

湯上りは明るく広いホールで休憩。
地元の人達はもちろん県内外からのお客様も多い。


近くに県の野球場があるのは皆さんご存知、
他にも周辺には運動施設が充実。
最上川せせらぎ公園でのんびり散策なんか良いかも。


山形の風物詩「芋煮会」の発祥の地である事も有名。
最上川舟運時代に船頭たちが鍋を吊るしたと言われる松。
伝承遺跡「鍋掛松」。


これから行楽に最適な季節がやってきますね。
近くにお越しの際は是非どうぞ♪
  


Posted by 楽天親父 at 18:54Comments(0)お風呂の話

2017年03月01日

のぞみ★

こんにちは、私日帰り温泉評論家「楽天・湯上り・親父」と申します。
今回は天童市大字道満の「ラ・フォーレ天童 のぞみ」の紹介です。


厚生大臣認定の「温泉利用型健康増進施設」
入浴設備と運動施設が充実。
下足鍵を受付スタッフに渡してカードキィーをもらうシステム。
施設内での盗難防止に役立ってます。


清潔感のある脱衣所、そして広い内湯、豊富な湯量!
泉質は塩化物泉・硫酸塩泉・開放的な露天風呂も魅力。


洗い場の椅子はちょいと高め、動きやすい。
シャワーヘッドも珍しい「ワンストップ水栓」!
節水型が多い中自分流の洗髪が出来るのでありがたい。


明るい開放的なホール!
奥の食堂では天童名物の「鶏中華」も食べられます。
湯上りの皆さんのんびり、ゆっくり時間を過ごしてますね。


極めつけはこれ! 受付カウンターで販売「やまべ牛乳」
内陸では定番の逸品、しかもピンを刺して紙ふたを抜きます。
昔懐かしい当時の便利グッズ、
開封の為に小指の爪を伸ばしていた爺さん達は大ショック!(笑)
腰に手を当てて一気飲み。


総合評価!
安全性・快適性に優れたすばらしい施設です。
PR不足なのかなお客様は少ないかも?
天童市の日帰り温泉の「穴場」ですね「湯上り親父」お薦め、是非どうぞ!  


Posted by 楽天親父 at 11:21Comments(2)お風呂の話

2017年02月14日

春待ち温泉★

先日訪問「道の駅 にしかわ」、もうひとつの楽しみがあります。
併設されている日帰り温泉施設「水沢の湯
PH7.4のナトリウム・塩化物温泉、あったまります。


降り続く「雪」を窓越しに眺めながらの入浴。
それでも心なしか「春」を感じさせる淡い雪♪


休憩室片隅で見つけた地元ゆかりの「丸山薫先生」の詩文!
「白い自由画」と言うタイトル。

「春」と言う題で描かせた生徒たちの絵、みんな真っ白、疎林の枝。
氏はその絵にコバルト色の空を塗って黄色を滲ませる。
「まんさくの花が咲いた」と喜ぶ子供達!



雪国だからこそ感じる春の温かさ。
湯上りの親父、身体も心もほっこりしました!


今月末と来月初旬に開催される幻想的な「雪旅籠の灯り
雪深い町の人気イベント、タイトルは「雪は宝」

これが開催される頃には里に「春の風」が吹き始めます。
きっと「まんさく」のつぼみも少し膨らんできますね♪
  


Posted by 楽天親父 at 10:47Comments(0)お風呂の話

2017年01月29日

鱈づくし★

「酒田日本海寒鱈まつりと日帰り温泉バスツアー」
昼食会場「湯の浜温泉 海辺の宿 都屋」に到着。


心配された雪もなく快晴の空、波が高いな。
「波乗り」している人を発見!気を付けてね♪


さて楽しみな昼食、大型バス2台分のお客様で大広間は賑やか。
「寒鱈づくし」のメニュー!「どんがら汁」は鍋が尽きるまで(笑)


暫しの休憩の後は「お風呂」です。
期待していた「天空 茶碗風呂」は別館に移設で閉鎖中。
BFの「橋渡しの湯」!
湯気に煙る日本海に沈む夕日を眺めます。


皆さん一気に入るもんだから大混雑の風呂。
「寒鱈汁」の具材になった気分(笑)

今が旬の「寒鱈」を満喫の親父、お世話様でした。
  


Posted by 楽天親父 at 19:04Comments(0)美味しい話題お風呂の話

2017年01月04日

湯巡り花巻★

岩手県「花巻温泉
ゲートをくぐると見えてくる「千秋閣」「花巻」「紅葉館」の大きな3ホテル。
実はどれも同じ系列、各館自由通路で結ばれています。


楽天家 年1回の贅沢、今回の年始の宿泊は「紅葉館
それでも各館自慢のお風呂の「湯巡り」が出来ます♪
早速挑戦の親父!
先ず「千秋閣」は”りんご風呂”女子は”バラ風呂”らしい。


花巻ホテル」のひのき風呂を堪能、その後「紅葉館」の岩露天風呂!
開放感があって良い雰囲気、のんびりと過ごします。


温泉と言えばマッサージ!
「足つぼ」を頼みました、親父の汚い足で申し訳ない(汗)
担当のお兄ちゃん一生懸命施術です。


話が弾んで特別にアロマオイルを塗ってもらいました。
靴下をはいて保湿・保温すると効果があがるそうです!
早速売店で買いました、足袋!ちょっと地味ですかね?(笑)


童話作家で農学者のあの「宮沢賢治」の故郷「花巻市」
彼の心象風景「イーハトーブ」理想郷はここ。

のんびり「湯ーハトーブ」を満喫の親父です!

  


Posted by 楽天親父 at 07:27Comments(4)お風呂の話

2016年11月01日

湯の里★

休日の「紅葉狩り」の途中また来てしまった「遠刈田温泉
好きなんだからしょうがない、
風情ある温泉の町並みが親父のお気に入りです。
「旅館三治郎」に併設する日帰り温泉施設「湯の里


豊富に流れ出る掛け流しの濁り湯、
かっぱが長旅の疲れと傷を癒したと言う伝説が残っています。
露天風呂付き大浴場の他サウナや水風呂等充実した設備。


はるか蔵王連峰を一望できる「露天 滝見の湯」
山から吹いてくる風が心地良い。
手足をゆっくり伸ばしてリラックス!


「紅葉狩り⇒地元料理堪能⇒日帰り風呂⇒湯上りのビール」
親父の休日の方程式、もう少し続きそうです(笑)
  


Posted by 楽天親父 at 15:04Comments(0)お風呂の話