2018年11月24日

おとぎ街道

山形県「南陽市」から「高畠町」を経由、
宮城県「七ヶ宿町」を通って「白石市」までの国道113号線、
この通りを「みちのく おとぎ街道」と呼ぶらしい。


確かに!童話や民話が豊富な趣きのある「二市二町」
本日建物の調査で「七ヶ宿」を訪ねた親父。

「申し訳ねぇ、道に迷ってしまった」
「すまねぇな、何か食べるものねぇが?」
昔話風にランチに行ったのは「旬の市 七ヶ宿


「それはそれは難儀でした」
「ここでゆっくりしていってくださいな♪」
昔話に出てきそうな気の良いおばさん達がお出迎え(笑)

豊富に新鮮野菜や加工品を販売、その奥にある食事処。
限定「旬の市 ランチ」を注文します、
椎茸ご飯に山菜蕎麦そして和え物と漬物。
手作り感たっぷり、そして旨い♪


昔話ならここでおばさんは「鶴」とか「狸」に変身の筈、
いやいや 普通の人間でした(笑)
食事中も楽しい会話が続きます♪


帰り際寄った裏の「滑津大滝」
高さ10m幅30mの迫力ある名瀑!
癒しとマイナスイオンを満喫した親父です。

こらからは「雪」に閉ざされる宿場町。
改めて「おとぎ街道」を訪ねたい親父です。
もしかしたらここは「日本人」の心の故郷なのかも?


同じカテゴリー(雑談です)の記事画像
ギャング★
親父空飛ぶ★
紅葉衣★
大胆に繊細に★
授業参観★
ハロウィン★
同じカテゴリー(雑談です)の記事
 ギャング★ (2018-12-10 22:46)
 親父空飛ぶ★ (2018-11-19 13:40)
 紅葉衣★ (2018-11-17 17:14)
 大胆に繊細に★ (2018-11-09 22:06)
 授業参観★ (2018-11-08 14:23)
 ハロウィン★ (2018-10-25 20:03)


この記事へのコメント
滑津大滝は
台風の後や大雨のあとにいくと笑えるくらいです
轟音の川を歩くとハラハラ出来ます
あと
冬は雪で歩けなくなりますが
それをこざいていくと
また面白い景色が

当然ながら
どちらも大変危険だからオススメしないです

ちなみに
やまびこ吊橋
あれも秋から春の晴れた日
かなりいい眺めです
そして冬は
空気が澄んでいて

七ヶ宿町の蕎麦を出す店は全部食べたし
唯一のラーメン屋も
道の駅も
そこも
しかしご飯は食べたことなかったなー

そういやローソンに南陽市の葵のラーメン出てましたな
生麺だから電子レンジのやつかな
よくまあ
人気になりましたな
Posted by カルラカルラ at 2018年11月25日 22:47
■カルラさん■
コメントありがとうございます。

「カルラさん」には通り慣れた道「おとぎ街道」
趣きのある景色や街並みに感激の親父です♪

どちらかと言えば渇水期の「滑川大滝」
迫力には欠けますが満喫してきましたよ。
「立ち入り注意」の時期の滝の画像は
「カルラさん」にお任せ(笑)

蕎麦は「山形」と決めている親父、
でも街道沿いの「蕎麦屋さん」美味しいですね、
親父も過去に何軒かいただきましたよ。
負けずに制覇を狙います!

あの「葵」のラーメン、
何処まで再現出来ているのか気になります!
Posted by 楽天親父楽天親父 at 2018年11月26日 21:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。