2017年09月26日

鉛温泉★

「こんにちはっス!」「ここ、日帰り入浴できっべか?」
山形弁丸出しの親父、でも大丈夫♪
ここは「花巻南温泉郷 鉛(なまり)温泉」 で、なまりOK!
ちゃんと通じます♪(笑)


人気の一軒宿「藤三旅館」 快く迎えて頂きました。

今から600年前、温泉主が岩窟から出てきた白猿が
湧き出る泉で傷を癒しているのを見た事が言われとの事。


外観はもとより館内のしつらえも趣があり落ち着きます。
旅館の脇を流れる「豊沢川」のせせらぎが癒しを演出。
その流れと共に四季折々の表情を魅せるんだろうな♪


五つの源泉がありそれぞれにお風呂があります。
もちろん100%かけ流し。

今回紹介するのは「白猿の湯」 立って入る湯♪
湯船の深さは125cm「立位湯」と言うらしい。
立つ事で全身にまんべんなく湯圧がかかり循環器系を整えてくれます。

【もちろん内部は撮影禁止!旅館のHPから借用です】


「時間制で男女入れ替えもあるからしんぺーないぞ。」
「鉛温泉、あったまる良い湯だべ、いっぺん来てみてけろ。」

山形弁の「なまり」に増々磨きのかかった親父でした♪(笑)



同じカテゴリー(お風呂の話)の記事画像
泳げる温泉★
育児休暇★
町湯★
森林入浴★
美肌の湯★
幸雲閣★
同じカテゴリー(お風呂の話)の記事
 泳げる温泉★ (2018-10-15 13:26)
 育児休暇★ (2018-07-29 17:33)
 町湯★ (2018-06-26 11:05)
 森林入浴★ (2018-05-29 12:44)
 美肌の湯★ (2018-05-23 08:34)
 幸雲閣★ (2018-05-06 07:33)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。