2017年08月10日

彌平治亭★

蔵王半郷から蔵王温泉に向かう県道21号線、
「蔵王ライン」の温泉手前”童子平”にある「そば屋さん」
「蔵王高湯 わらしべの里 彌平治亭(やへいじてい)」


中山町長崎の豪商の母屋を移築復元したとの事。
江戸末期の木造建築。
玄関先では熊並みに大きい「たぬき」がお出迎え。
ちゃんとりっぱな「オ〇ン〇ン」が付いてます♪(笑)


中は土間があって床板には椅子とテーブル、
奥は座敷、小物や調度品が沢山飾ってありますね。

頼んだのは30食限定の「ゲソ天そば」


冷水でキンッとしめられた細麺。
のど越しが良い、ちょいと濃いめのタレは親父好み。


同じ敷地内には貴重な品を展示する「美術館」もあります。
蔵王温泉に行く時ちょっと寄り道に如何ですか?




同じカテゴリー(美味しい話題)の記事画像
熊丼★
庚申堂2区★
旨すぎ★
道とん堀★
居酒屋飯★
最後の嘯月★
同じカテゴリー(美味しい話題)の記事
 熊丼★ (2018-02-21 15:23)
 庚申堂2区★ (2018-02-20 15:45)
 旨すぎ★ (2018-02-19 14:53)
 道とん堀★ (2018-02-18 17:12)
 居酒屋飯★ (2018-02-17 20:32)
 最後の嘯月★ (2018-02-16 18:48)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。