2017年07月16日

漢字想い★

宮城県多賀城市「東北歴史博物館」
前回の「漢字三千年展」の続きになります。
もう暫しお付き合いくださいね♪


長い歴史の中で色々と変遷していった「漢字」
その漢字の成り立ちを説明するコーナー。

「会意文字」の『
前に進みながら過ぎ去った事を惜しみ振り返る気持ち。
「いつくしむ」事から「大切に思う」意味を表す。
なるほど「心」が真ん中にあるな!

「象形文字」の『
子供に授乳する女性を表す。
「女」を表す漢字におっぱいを強調した形。
優しい母親の顔が思い浮かびますね♪


ここは「名前の木」のコーナー。
赤ちゃんが産まれて最初にプレゼントされる「名前」
どんな想いがこめられているのでしょうか?

葉っぱに見立てた付箋紙に自分の名前の由来を描いて飾ります。
もちろん平仮名やカタカナでもOK。
改めて両親らの自分に対する想いを感じる時。


漢字一文字にある意味、奥が深い。
出口付近に掲げられた「絆」の文字、迫力があります。
今の世の中に一番大切な「漢字」なのかも?


結構地味な企画展(笑)
でもいつも使っている「漢字」を改めて認識しました。
PCに頼らずたまには直筆で漢字を書いてみたいなと思う親父です。


同じカテゴリー(雑談です)の記事画像
絵手紙(大)★
漢字三千年★
地球 200円★
癒しの水辺★
やまのべ名物★
ウルトラな町★
同じカテゴリー(雑談です)の記事
 絵手紙(大)★ (2017-07-17 08:51)
 漢字三千年★ (2017-07-16 11:30)
 地球 200円★ (2017-07-15 17:48)
 癒しの水辺★ (2017-07-10 13:13)
 やまのべ名物★ (2017-07-06 18:50)
 ウルトラな町★ (2017-07-03 22:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。