2015年09月05日

はんだや★

昔、親父が貧乏学生だった頃 足しげく通った店。
親父を養ってくれた「大衆食堂 半田屋
仙台市発祥の全国FCの店、あの頃の店名は「めしの はんだや」


肉体労働者と学生達で賑やかだった店。
今は若い女性やカップル、家族連れも沢山います。

出来たて揚げたての料理を自由にチョイス。
野菜も卵も新鮮、心のこもったおふくろの味ですね。


今日は自分へのご褒美に「かつ煮」をプラス(笑)
ご飯は、小盛りで丼ぶり1杯分、中盛りで丼ぶり山盛りです。
親父は小盛りより少ない並!それでもお腹いっぱいになります。


学生時代を懐かしく思い出しながらの食事です。

あの頃からずっと変わらない味。
親父は随分変わってしまいました(笑)  


Posted by 楽天親父 at 20:08Comments(0)美味しい話題