2008年12月30日

玉手箱

年末大忙しの親父・・。
本日から年末年始の休み・・帰省の長女のお迎え・親戚の挨拶まわり等等でやっと落ち着いた頃・・。
バイト先から次女が帰ってきた・・。

満面の笑顔

バイト先の料亭・・今日迄続いた特注の『おせち料理』つくりが無事終わったとの事での帰宅。
玉手箱持参・・。



店で出している『おせち料理』・・なんと2万円・と3万5千円の2品の高級品。
とても我々が食する事なんて出来ない品。

娘は少ないバイト代を少しずつ・ずっとためて・・親方に「2万円」を頼んだそうです・・。
いつも迷惑をかけている両親に至極の料理を食べさせてあげたい。
今年最後の感謝の気持ちを両親にあげたい・・。




桐箱です・・。

親方は心のこもった商品だから身内でもちゃんと金は貰うぞ!・・
でもバイトずっと頑張ったお前の感謝の気持ちだ!・そっと3万5千円の『おせち料理を』特別に渡してくれたそうです!




妻は思わぬプレゼントに涙ぼろぼろ・・

久しぶり揃った4人家族・この子達が産まれてくれてよかった・・ちゃんと優しく育ってくれてよかった。
親父は正月・・長女の手土産地酒の『越の寒中梅』と次女のこの玉手箱で良いスタートがきれそうです。
  


Posted by 楽天親父 at 21:39Comments(28)美味しい話題